ふゆざれ

画・310さん 


寒いのキラーイ。

色もなくなるし着ぶくれするし外に出たくなくなるしとにかく耐えられない。いくら暖房効かせてもアイスは夏食べたほうがいい。

「冬?好きだよ」
恋人の前ではそう言う。彼は嬉しそうに笑って繋いだ手をコートのポケットに入れて、恋人つなぎしながら指を動かす。この時間は好き。


***
「ふゆざれ」の2作品目。

ETOCORIA

KyrieのオリジナルBL小説サイト

0コメント

  • 1000 / 1000