上司と部下

画・jarrat @jarrat77

「離しませんよ。今日だってあのセクハラ親父に触らせてたくせに」

「部長だろ。俺に言わせればお前も同じだよ」
「俺は違う」
「そう思ってるのはお前だけだよ。いてっ。噛むな。痕がつく」
と言いながら、拒むわけでもない。
仕方なく抱きしめる腕にますます力を入れ、今度は優しく首筋に唇を滑らせる。

ex-ETOCORIA

KyrieのオリジナルBL小説サイト

0コメント

  • 1000 / 1000