三つの鍵

「さてどの鍵にするかね」黒いマントの老人は3つの鍵を見せました。全ての鍵はそれぞれ違う異界へ続く扉の鍵でした。どれかを選ばねば悪霊に取り憑かれた王の追っ手に捕まってしまいます。時間はありません。騎士たちの鎧の音が次第に大きくなってきました。もうそこまで近づいてきています。

#立体作品を投げたら文字書きさんが引用rtでssを勝手に添えてくれる

ETOCORIA

KyrieのオリジナルBL小説サイト

0コメント

  • 1000 / 1000