ケンタウロスの星

仲間が助けに来た。しかしこの変わり果てた姿を見てどう思われるか。そしてこれでは地球には帰れはしない。望郷と懐かしさで胸の内はひどく荒れる。不時着し瀕死の私をこの星で生き抜くのに適した身体に改造してくれたお陰で、今私はここにいる。感謝すべきなのにこの身体が忌々しくて仕方ない。

ETOCORIA

KyrieのオリジナルBL小説サイト

0コメント

  • 1000 / 1000