#雨という文字を使わずに雨が降るを文学的に表現してみろ

ぼとり、と音がして思わず顔を上げた。暗く重い空。濡れる前に着なきゃ。使い慣れない大きなザックからジャケットとパンツを出し、重い登山靴を履いたままよたよたと着込む。とても不恰好だ。他の巡礼者も防水対策をしさっさと歩き出していた



0コメント

  • 1000 / 1000